脳梗塞を予防するには|適正な水分摂取がカギ

医者

夏に起こりやすい病気

命を落としてしまうかもしれない脳梗塞の予防方法はここで確認することができます。健康維持をして長生きしましょう。

看護師

誰にでも発症する可能性のある脳梗塞の主な原因として、糖尿病や高血圧などの生活習慣病が影響していると言われています。そのため、生活習慣を正しくすることで発症を予防します。まずは塩分を控える、肥満にならないよう腹八分目を目標とし、適度な運動を取り入れるなどを行なってみましょう。また、先ほど記載した脱水を予防するためにしっかり水分を摂取することが大切になります。特に夏は喉が渇いていなくても2、3時間に1回はコップ一杯の水分を取る方がよいです。特に高齢者は喉の渇きを感じにくくなるので、予防的に普段より多めに、またこまめに摂取する必要があります。また、脳梗塞は血圧が下がり、血液の粘稠度が高い朝方に発症することが多いので、就寝前にはコップ二杯分程度の水分を摂取することが望ましいです。

これから夏になってくるにつれて、気温も上がり汗をかく機会が増えます。そこで注意したいのが脱水症状ですが、脱水症状から様々な重大な病気を発症してしまう可能性があります。その中の1つが脳梗塞です。夏は気温が上がるため、体内の熱を放散しようと血管が拡張し、血圧が下がります。そして汗をかくことで血液の粘稠度が上がり、脳血管が詰まりやすくなります。これが、脳梗塞です。夏の脳梗塞は、脱水症状が引き金になることが非常に多いです。また、脳梗塞は日本人の死因トップ3に入る脳卒中の1つであり、命が助かっても重大な後遺症を残してしまうこともあるため発症を予防する取り組みが非常に大切になります。そして、異変を感じたら早急に病院に行くことも大切になります。早期に受診することで処置も早くでき、悪化を防ぐことが可能だからです。出来れば異変が現れる前に、定期的に病院に検査に行くようにしましょう。いまは精密検査もあるので、脳ドックなどを受けるようにすることも大切です。また病院では検査だけでなく予防方法も指導してくれることが多いので、日頃の生活習慣の改善にも役立ちます。

免疫治療もある

相談

胆管がんの治療の基本は手術ですが、それができないこともあります。例えば転移が起こっていたら、手術はしないで化学療法が使われることがあります。自分の免疫細胞を使う免疫療法は、手術ができない転移したがんにも有効です。

Read More..>>

原因不明の難病に挑む医療

ナース

慢性的な下痢や腹痛が続く潰瘍性大腸炎は、全国で10万人以上の人が患っています。原因不明とされる難病ですが、薬の力とストレス低減で寛解を維持できます。大腸をうまくコントロールしていけば普通の生活も十分に可能なのです。近年では大腸に直接作用する新しい薬が認可された他、ATM療法の治験も行われています。

Read More..>>

体に優しいがん治療

診察

がんの標準治療として定着した放射線と抗がん剤は、いずれも副作用の問題がありました。その点を克服するために研究が進む免疫療法の中でも、樹状細胞療法は高い抗原提示能力が高く評価されています。強度変調放射線治療や分子標的薬と樹状細胞療法を組み合わせる方法は、体に優しい治療法として特に人気が高まっています。

Read More..>>