脳梗塞を予防するには|適正な水分摂取がカギ

病院

体に優しいがん治療

最も賢い免疫細胞

診察

がん治療は手術による外科療法が先行し、放射線治療と化学療法がこれを追いかけるという展開が続いています。最近では放射線技術や抗がん剤の効果も向上しており、外科手術とともにがんの3大治療と呼ばれるまでに至りました。一方で放射線治療や抗がん剤治療は副作用の影響が大きな課題となっています。がん細胞を退治するための放射線や薬剤が、正常細胞も同時に傷つけてしまうのです。その点で患者さん自身の免疫力を高める免疫療法は、少ない副作用で治療効果を発揮できる方法として注目されています。免疫療法で大きな鍵を握るのは、がん細胞攻撃部隊Tリンパ球の活性化です。マクロファージと呼ばれるアメーバ状の免疫細胞は、がん細胞の特徴を示すがん抗原の提示能力を持っています。マクロファージ活性化療法はこの力を最大限に引き出そうという方法です。樹状細胞は同じく免疫細胞の一種ですが、抗原提示能力がマクロファージの100倍と言われるほど賢い細胞です。培養の難しかった樹状細胞をサイトカインという免疫細胞由来たんぱく質で培養に成功し、がん治療に応用する道が開けました。現在では樹状細胞療法を採用する医療機関も増えています。

標準治療とのセットが人気

樹状細胞療法は開発されてからまだ日が浅いため、標準治療として多くの病院に採用されているわけではありません。すでに臨床試験の段階から踏み出し、実用化に向けた先進医療として一部の医療機関が実施しています。樹状細胞療法が最も威力を発揮するのは、放射線治療や抗がん剤といった標準治療と組み合わせる場合です。抗がん剤では、がん細胞だけに作用する分子標的薬が多くの病院で使われています。正常細胞へのダメージが小さい強度変調放射線治療も、設備の整った医療機関に導入されています。いずれも樹状細胞療法と同様に副作用の少ない点が人気の秘密となっており、体に優しいがん治療と言えます。この2つと樹状細胞療法を組み合わせた3点セットの集学的治療によって、がん細胞縮小の相乗効果が得られます。強度変調放射線治療で目に見えるがん腫瘍を小さくする一方、分子標的薬が目に見えないがん細胞の増殖を抑えるのです。樹状細胞療法によって活性化したTリンパ球が残ったがん細胞を退治することによって、治療効果がさらに高まります。免疫療法の中でも標準治療と相性のいい樹状細胞療法は、がん治療をさらに進化させてくれるものと期待されているのです。